09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-07-31 (Sun)
ご協力お願い致します。
神戸市垂水区青山台1丁目付近 (ジェームス山サティ近く) で迷子になった
オカメインコ・ルチノー♂のひまわりちゃん を探しています。
飼い主さんが懸命に探しておられます。
何か情報をお持ちの方は、「メールぽすと【一般用】」までご連絡お願い致します。
PC080037.jpg

日時 7月6日(水)午前7時10分頃
場所 兵庫県神戸市垂水区青山台1丁目付近 (ジェームス山サティの近く)
種類 オカメインコ ルチノー (体は白・ホッペはオレンジ・冠羽は黄色)
性別 オス
特徴 くちばしに小さな傷、しっぽに茶色のシミ。 「ぽ~ちゃん」と鳴きます。




☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆



過去記事 「カリアゲ失敗???」 で、「どこまで白くなるの~」と語っていた
桜文鳥セサミのパイド化。
あれから半年以上経ちましたが、セサミのパイド化も進んでおります。


ちなみに、これ↓は、過去記事に載せたセサミの後ろ姿。
P1070227.jpg

P1040884.jpg





で、現在がこれ↓
P1090948.jpg

P1090952.jpg
 



白色の面積が拡大しとる~!!!
今までに沢山の文鳥と暮らしてきたし、うちで巣引きもしたけど、こんな仔初めて
健康面で気になることはないので、あまり気にしてませんが、
どこまで白くなるんだろう・・・
このまま真っ白になって白文鳥になったらびっくりするけど
人間の白髪のように、老鳥になると、白い羽になってくるんですが、セサミはまだ1歳半。
9歳の老桜文鳥の彗は、まだまだ立派なチャコールグレー。
なんだか、ちょびっと不憫だわ・・・



ふふふお気づきの方もいらっしゃるでしょうか?
21日にブログに復帰し、今日は31日です。
11日間連続更新達成しました~!!!
小さいことで喜ぶなって感じですが、私には過去最高の記録なのです
私もやればできる(笑)
実生活があるので、更新ができない時もあると思いますが、これからもよろしくです^^
いつも見に来て下さり、有難うございますm(_ _)m




セ「勝手に年寄り扱いしないでちょうだい!」ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^

スポンサーサイト
| フィンチ  | COM(4) |
2011-06-08 (Wed)
甘くて美味しそうなタイトルですが、鳥ちゃんの日記です



大震災の翌日、3月12日に遡ります。
実はこの日、「RED'S」のきりさんから可愛い仔達をいただき、
我が家に新しい家族が増えたのです


前々から旦那をくどいていたのですが、この数日前にやっとが出ました^^
きりさんは「旦那さんのが出たらぜひに~^^」とおっしゃってくださっていたので、
旦那の気が変わらないうちに!とすぐに連絡連絡~
お忙しいにも関わらず、快く里子話を進めて下さり、3月12日に予定を入れて下さいました。


きりさんから戴いた可愛い仔達はコチラ↓



ヨーロッパ十姉妹♂ 「こむぎ」     ヨーロッパ十姉妹♀ 「こまち」
P1080745.jpg P1080748.jpg


左:ヨーロッパ十姉妹たぶん♀ 「タルト」   右:ヨーロッパ十姉妹♀ 「スフレ」
P1080755.jpg


ヨーロッパ十姉妹♂ 「オレオ」     シルバー文鳥♂ 「銀河」
P1080757.jpg P1080761.jpg


シュバシキンセイ♂ 「チャイ」
P1080702.jpg



なんと3種7羽です
ヨーロッパ十姉妹の里子をお願いしたので、最初は「2ペア譲りますね^^」とのお話でした。
当日朝になり「よかったら♂のシルバー文鳥も1羽いかがですか?」とお話を戴き、
シルバー好きの私は「ぜひに~」とお願いしました。
そして、待ち合わせ場所にいそいそと向かい、「お楽しみが入ってるから!」と、
手渡して戴いた3つの箱を大事に抱えて帰宅しました。
きりさん曰く「お楽しみ」、きっと綺麗なV字模様の仔を出して戴いたんだと信じて(笑)


そして、お家でOPEN~
1箱目、こまちとこむぎ
2箱目、銀河
3箱目、箱が開くと同時に次々に飛び出る黒い影。1、2、3?、4?・・・・・え
イ、イリュージョンかと思った
3つ目の箱に入ってたのは、ヨーロッパ十姉妹3羽にシュバシキンセイ1羽。
そっかお楽しみって、キンセイちゃんのことだったんか~^^;
びっくりしたけど、嬉しいサプライズでした


でも、よくよく箱を見るとですね↓
P1080710.jpg
ちゃんと書かれてありました(笑)しかもわかりやすい位置に大きな文字で。
自分、なぜ気付かん!笑


この仔達、きっちり管理されていて、体格がめちゃくちゃいいのです!
特に、シルバー文鳥の銀河!握り心地が最高です羽艶もツヤツヤ
お迎え後数日は喧嘩上等!だったけど、今は肩でくつろいでくれます^^

ヨーロッパ十姉妹ってセルフチョコレートっていう品種しか知らなかったけど、
ネットで調べてみたら色んな品種が出てるようです。
私が戴いたのは、セルフチョコレート、ブラック・ブラウン、カラス系、という種類ですが、 私の大雑把で節穴な目では、違いがわかりません^^;
しいて言えば、喉元が少し黒い仔がいるかな~くらいです^^;
それにしても本当にキレイな模様
前にペットショップで見かけた仔は胸の模様のV字が崩れてる仔が殆どだったけど、
この仔達はV字がはっきりしてる仔達ばかり。
こんな節穴眼の私にこんなキレイな仔達を戴いていいのでしょうか^^;
今更ながらちょっと心配(笑)
ジューシー達は、馴れてない仔が多いですが、さえずりやチョコチョコした動きに
癒されています^^

でも1番驚いたのが、キンセイがベタ馴れ!!!
うちのキンカのマーブルもカキカキ好きのベタ馴れちゃんですが、それを上回るベタ馴れ
気分がのればニギコロも披露してくれますよ!


きりさ~ん、こんな可愛い仔達を譲って戴き、本当に有難うございます
7羽とも元気いっぱいです!
ジューシー達、発情しまくりなので巣引き考えようかな^^;




可愛いフィンチ達をよろしくお願いします!ポチッとお願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


| フィンチ  | COM(8) |
2010-11-14 (Sun)
お迎えしてもうすぐで1年になる桜文鳥のセサミ。
生後1ヶ月半くらいで我が家の一員になりました^^

2009.10月生 桜文鳥1歳♀? 『セサミ』  2009.12. 8お迎え当日の画像
P1040117.jpg

手の中で寝ちゃう
P1040126.jpg


小6の頃、クラスの男子が拾ったアルビノセキセイがキッカケで鳥好きに目覚め、
10代の頃は、セキセイや文鳥と暮らしました。
19歳の頃、可愛がってた白文鳥を亡くした後は、学校や仕事で時間的な余裕がなく、
鳥を飼えなかったので、「結婚したら絶対に鳥と暮らす!」そう決めていました。

そして、新婚1ヶ月の時に嫌がる旦那をスルーして飼い始めたのが2羽の白文鳥。
今でこそ、多種多数の鳥でごった返してる我が家ですが、
我が家の(私の?)鳥狂いは、この2羽の白文鳥から始まったのです^^

文鳥の巣引きをしていたので、文鳥が20羽近く居たこともあります。
それが、文鳥世界が高齢化し、2008年には7歳くらいの仔が次々に亡くなりました。
あんなにぷっちぃ家の勢力を握っていた文鳥がたった4羽に。。。
5歳~8歳半の若鳥とは言えない仔達ばかりになってしまいました。
みんなとても元気ですが、確実に老いていきます。
我が家の原点とも言える文鳥、ずっと家に居て欲しい・・・

そんな思いで、1年前にセサミをお迎えしたのです。
数年ぶりに手に取る文鳥の雛にちょっと緊張しました。


地味一直線な文鳥も、ここ数年で品種が増えました。
生で見たことないですが、クリームやイノなんてシャレた品種もいます。
でも、私は昔からいる桜文鳥が一番好きかも
「坊ちゃん」って感じがたまりません
それに、桜文鳥は雛と成鳥では全然違う鳥に見えるのも魅力的!
雛換羽で少しずつ成鳥羽に生え変わっていくのが、萌えポイントなのです!


変身完了!  2010.2月撮影
P1040884.jpg

頭に白い抜けがあるので、パイドの血が入ってるのかな?
P1050006.jpg



で、最近の画像
P1070227.jpg


↑の頭部画像と比べると、頭頂部にまで白い羽が進出してる気がする・・・
まるでカリアゲしすぎたような(笑)
背中のグレー羽部分にも白い羽があるし
老鳥になると白い羽が増えてくるんですが、セサミ、まだ1歳・・・
元気だから気にしてないけど、どこまで白くなるの~~~><



白羽の進出、その辺で勘弁して下さい><ポチッと応援お願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村




| フィンチ  | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。