03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-06-17 (Sun)
お久しぶりです。
シュシュ訃報に際し、色々な方にご心配をおかけしました。
申し訳ありません。
お悔やみと励ましのコメントやメール、有難うございました。
すぐにお返事ができなくて申し訳ありませんでした。



シュシュの訃報から早2ヶ月が経過し、いつの間にか季節も変わっていました。
もう2ヶ月、まだ2ヶ月、そんな感じです。
シュシュがもう居ないことを、最近になって心で理解できるようになりました。
もう少し早くに記事を更新したかったのですが、
なかなか言葉を紡げず、書いては削除の繰り返しで、
ようやく記事にすることができました。



ツイでもつぶやきましたが、シュシュの死の1日半後、
2月に生まれたオカメ雛も1羽亡くなりました。
思いもしなかった2羽の旅立ちでした。
4月初めに、シュシュと雛のお葬式も無事に終わりました。
看護の疲れと精神的にきてたのか、少し体調を崩したりもしましたが、
今はもう十分に回復しています。
心はこれ以上ないくらいに弱りましたが、体は元気でした。


いつまでも凹んでばかりはいられない・・・
そう思えるようになるまで1ヶ月程かかりました。


シュシュが亡くなり、続いて雛まで亡くなって・・・
心が壊れるかと思いました。
大事な命が、手からすり抜けていく・・・
ただひたすら悲しくて辛くて泣いてばかり。
火葬して少し落ち着いたものの、姿形が無くなってからのひどい喪失感・・・。


シュシュ達が亡くなったこと、
いつまでも凹んでいてはダメなこと、
負の感情は負を呼ぶこと、
頭ではわかっていても、どうしても心がついていかない。
心がついていかなくても、頭は次にやるべきことを考えようとする。
ご存知の通り、うちには沢山の仔がいます。
皆が元気でいられるように毎日目を光らせないといけない。
この瞬間に体調の変化を見逃してしまうかもしれない。
お世話もしっかりしないと。
わかってる。だから動かなくちゃ。
だけど・・・今だけは動けない。動きたくない。
シュシュのことを想いたい。シュシュのことだけを考えたい。
沢山の鳥達と暮らしてて、皆のことにしっかり目を光らせないといけないのに、
1羽のことを、しかも亡くなった仔のことだけを考えるのは無責任なことかもしれない。

だけど・・・
ゆっくりと死を悼んであげることもできないなんて、
何だか、シュシュ達の死をないがしろにしてる気がしてなりませんでした。

だからなのか、悲しくても辛くても泣けなくなりました。
シュシュのお骨壷を見ても、亡くなったことがピンとこなくて、
シュシュという仔は本当にうちに居たの?みたいな錯覚にも陥って・・・。
涙も出ないし、変な錯覚も起こすし、そんな自分がすごく冷たい人間に思えて、
ぐちゃぐちゃになっていました。

実は、シュシュの体調が悪くなり凹んでいた3月半ば過ぎ、
他にも落ち込む事があり精神的に参っていたんです。
だけど、凹んでる場合じゃない!と一度は気持ちを立て直し、
シュシュの看病と雛世話に集中していたのですが、
自分でも気付かないうちに、気持ちが弱っていってたのかもしれません。


訃報を知ったお友達や里親様方から、心配や励ましのメールを戴きました。
シュシュ達の死を悲しんで下さり、私を労わって下さる暖かい言葉の数々・・・。
すごく嬉しくて有り難くて、その気持ちに泣けました。
だけど、その時の私は悲しみで周りが見えず、何も聞こえず、
戴いた言葉を心に留められませんでした。
他の仔達ももちろん大事だけど、今はシュシュ達のことをじっくり想いたいのに、
それをしてはいけない気がして、心配してくれて嬉しいのに、
「他の仔達にために早く元気に」と思えないのが申し訳なくなって、
殻に閉じこもっていたように思います。


だけど、シュシュの死から10日後くらいに、ちょっと元気になれることがあって、
シュシュの死以来、久々に明るい気持ちになりました。
それから少しずつですが、気分も上向きになりました。
そうすると、色々な言葉が頭に入ってくるようになったんです。
そして戴いたメールやコメントを何度も何度も読みました。
最初読んだ時には心に留められなかったけど、スッと心に響くようになりました。
有難う。本当に有難うございます。


シュシュの訃報を知った里親様から、早々にお花を戴きました。
P1120909.jpg

シュシュのホッペと同じ黄色いお花がたくさん
P1120910.jpg

ともやんさん、優しいお心遣いとても感謝しています。
シュシュが居なくなった白黒の世界に、灯りが燈ったようでした。
シュシュ達のお骨壷に供えさせて戴きました。
P1120869.jpg


4月後半頃のことです。
ジェミーさんとジェミーさん繋がりでお知り合いになれたkabakoさんから
素敵な贈り物が届きました。

ジェミーさんからは、お手紙と茶葉と帰省の際のお土産
P1120993.jpg

kabakoさんからは、お手紙とkabakoさん自身が慰められた絵本
P1120994.jpg

有難うございます。
kabakoさんから戴いた絵本は、私も本屋で何度か見かけたことがありました。
手にとることはなかったけど・・・。
難しいことは書かれてないけど、ストレートに伝わってくるものがありました。
シュシュ達を火葬してから涙一滴流せなかった私でしたが、
気が付くと、涙で顔がぐちゃぐちゃになっていました。
その時、私の中にあった何か塊のような物が溶けだしたように感じました。

本当に有難うございます。
気にかけて下さって、本当に嬉しかったです。
私も、哀しみに寄り添える人間でありたいと思いました。



これだけ数がいれば、毎日なにか心配事があって、
心が落ち着くことがありません・・・
楽しい思いや、嬉しい思いも沢山あるけど、辛いお別れも当然多い。
私はまだまだ未熟者です。
このブログでも偉そうなことを言っておきながら、
いづれ必ず訪れる、この仔達との別れの覚悟ができていません。
どんなに沢山飼っていても、別れが訪れる度にどん底まで凹んで、
自分の力の無さを責め、生き物と暮らすことの厳しさを痛感します。
どんなに鳥が好きで愛していても、助けることができない。
弱っていくのを見ていることしかできない。
鳥飼いをやめた方がいいんじゃないか、繁殖を辞めた方がいいんじゃないか、
何度もそんな考えが頭をよぎります。
だけど、それでも鳥と暮らしたい。
私のこんなわがままをこの仔達は許してくれるんだろうか・・・。
「この飼い主、わたちたちが居ないとダメダメでしゅね」って、
呆れながらも、許してくれると嬉しいんだけど・・・

ごはんを食べたり、お水を飲んだり、仲間と羽繕いし合ったり、
ちょっとケンカしちゃったり、決して上手と言えないお歌を歌ったり、
抜けた羽で遊んでたり、ケージの角で開脚してたり、
カキカキを可愛くおねだりしたり・・・
そんな姿を見ていると、支えられてるのは私なんだなと実感します。
大切な彼らと少しでも長く居られるために、心を込めてお世話をしようと
改めて思いました。



シュシュを愛して下さって有難うございます。ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
スポンサーサイト
| ペットロス | COM(4) |
2012-04-02 (Mon)
ご無沙汰しております。
何度も足を運んで下さった方、雛記事を楽しみにして下さってる方、
本当に申し訳ありません。
可愛い盛りの雛の記事を見てもらいたくて、雛と成鳥のお世話の合い間に
少しずつ書き溜めていたのですが、実生活の慌ただしさに、
時間と体力が追いつかなくなっていました。
更新したい気持ちは山ほどあるんですが・・・。


そしてそんな中、昨晩、愛鳥のシュシュが虹の橋へ旅立ちました。
2週間の看護で、一度は回復を見せたものの急変してしまいました。
大事な大事な我が仔の闘病記録、亡くなった仔のためにも、今ある命の為にも
残そうとは思っています。
だけど、今はこれ以上書けません。
一夜明けたけど、今日からシュシュの居ない日々が始まるのだと信じられないんです。
シュシュが亡くなってから、シュシュの体を離せないでいます。
誰か嘘だと言ってほしい。
あの仔が良くなるためならどんなことでもしたのに・・・。


すごく落ち込んで悲しくて凹んで泣き叫んでも、お腹がすいて食べ物を口にする。
生きようとする自分の体が嫌になります。


うちの仔はみんな可愛い。どの仔も愛してて大好きで。
順番なんてつけれない。
けど、ダンナにとっても私にとってもシュシュは特別でした。
あの仔が居なくなることなんて考えられなかった。
できることなら、あの仔の苦しみを代わってあげたかった。
何もできなかった自分を責めてもシュシュは戻ってこなくて。
だけど、責めずにはいられない。
すごく考えて選択したことが全部間違っていたのかもと、鳥と接するのが怖いです。
また誰かを失うんではないかと。


しばらく更新はできないと思います。
今育っているオカメ達の新しいご家族様を募集しないといけないと思ってはいるのですが。
現在ご予約戴いてる里親様には、責任もってこれまで通り連絡させて戴きます。
私ごとが入ってしまい、申し訳ありません。


なんで私は生きているんだろう。




人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
| ペットロス | COM(6) |
2012-02-17 (Fri)
1ヶ月も更新があいてしまいました・・・。
バンバン更新するつもりでいたんですが・・・申し訳ない><
戴いたコメントにもお返事できないままで、大変失礼しました。

----------

彗への沢山のお悔やみコメントやメール、有難うございましたm(_ _)m
いづれ別れの時が来るとわかってはいても、いざその時になると寂しいもんです。
だけど、この約10年、病気一つせず、仲間の元で眠るように逝った彗を見て、
これで良かったんだと思いました。
だから・・・寂しいけど、「よく頑張った!」と笑顔で送り出してあげたい。
私達に心配かけずに、元気に生を全うした彗に感謝です
本当にね、穏やかな別れでね、いい意味で涙一つ出ないんです。
大げさだと思うけど、何だか神々しい感じがして泣けないんですよ。
「ありがとう」の一言が、頭の中を巡っています。

実はですね、彗パパのピコも、2008年夏に8才で老衰で亡くなりました。
ピコの時も、寝てる時間が増えたなと思ってたら、ある日急逝したんです。
あの時と状況がよく似てます。
彗と同時期に生まれた妹のルンもまだ元気だし、長寿の家系なのかな^^
ルンには、目前に迫った10才を元気に迎えてほしいです。


----------


そう。ここまで記事を書いて下書きしてたんですが・・・
ツイやmixiでつぶやいてたんですが、実は我が家は今、雛ラッシュでして
順に記事にしようと意欲だけは満タンですが、成鳥と雛のお世話でてんてこまい
いずれ記事にするつもりですが、今までの巣引きで経験のなかったことが起き、
考えこみ、ずるずると凹んでしまったりも
でも、ずんずん成長していく雛達に励まされ、戻ってまいりました!
気持ちは凹んでましたが、体は元気ですのでご心配なく^^


さて。雛の記事を!といきたいのですが、先にこの記事を更新させてください。



我が家最長老の桜文鳥・彗とのお別れ (前記事参照 『大空を舞う』
あれからちょうど1ヶ月経った昨日2月16日、妹の白文鳥のルンが旅立ちました。
10歳になってすぐの旅立ちでした。
彗と同じく老衰だと思います。


朝9時頃、ケージから布をとると、底網の上に横たわっていました。
すでに体は冷たくて。
前に比べるとうとうとすることも増えたけど、健康そのもの。
前日もいつもと変わりなく、ごはんいっぱい食べて、
窓際のポカポカ陽気に気持ちよさそうにしてました。
彗と同じく、急に逝ってしまうと思わなかったな・・・。
とても元気で体格も羽艶もよくて、病気にかかることもなく、
穏やかな老後を過ごせたんじゃないかと、そう思っています。


カメラ嫌いな仔でして、レンズを向けると猛スピードでフレームアウトし、
シャッター切る頃には、背景のみという写真ばかりができあがってました^^;
なので、ちゃんと撮れたルンの写真はありません。
だけど、陶器の置物のように真っ白でパッツンパツンなボディに
大きな黒いお目目、うすピンクのアイリングに真っ赤なあんよ。
2年前くらいからは、喉のあたりが少しハゲちゃったけどね
とても美しい美しい白文鳥でした。


彗と同じく、挿し餌で育てたのに、一人餌になった途端
「飼い主もういらん」な感じで、私は相手にされなかったのですけどね
その潔さ?が可愛いなと思ったり^^;


彗が亡くなった時に「ルンはまずは10歳目指してね」と話しかけたけど、
あの強引な約束守ってくれたのかな^^
10年間、私達と一緒に生きてくれて有難う。




ルン、お疲れさまでした。ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
| ペットロス | COM(4) |
2012-01-16 (Mon)
本日二度目の更新です。


先程、記事を1つアップした後のことです。
鳥コーナーに様子を見に行くと、桜文鳥♂の彗が底網の上に横たわっていました。
急いでケージから出したけど、すでに冷たくなっていました。
彗は、来月で10才になる我が家の鳥達の最長老。
たぶん老衰だと思います。


2002年2月、(故)ピコ♂&(故)ぴな♀の間に生を受けました。
同時期に孵った雛5羽の1号ちゃんで、弟妹達と争うように挿し餌を食べていたのを、
今も覚えています。
挿し餌で育てたのに、一人餌になる頃には「もう自分でごはん食べられるし、
人間より仲間と一緒がいい~!」と、あっさり私は捨てられたのですが
だけど、ケージを覗きこむと「何?」って感じに首をかしげて、
ケージの前面に張り付いてくる可愛い仔だったんですよね。

9才の老鳥だったけど、真冬でも大好きな水浴びを欠かしませんでした。
水換えしたら、毎日一番最初にザブ~ンと飛びこんでました。
餌も一番最初に食べてたし。
だからかな、生まれてから怪我も病気もなく、羽艶もよくて体格もがっしり。
ついこの間も、同居してる妹のルンに求愛ソングを歌ってました
さすがに交尾まではしませんでしたが^^;
前に比べると寝てることも増えたけど、健康そのもの。
昨日も今朝もいつもと変わりなく、急に逝ってしまうと思わなかった・・・。

だけど、気持ちは何だか落ち着いています。
もちろん、悲しいしさみしいけど・・・上手く言えないけど、穏やかな悲しさです。
天寿をまっとうした彗を「よくやった!」と褒めてあげたい。
その気持ちの方が強いです。


カメラが嫌いな仔で、なかなか撮らせてくれませんでしたが、
昨年夏、珍しく撮らせてくれました。

9才半とは思えない、立派な体格に羽艶の良さ
P1100352.jpg

ちょっと白い羽が増えたけど、背中も凛々しく!
P1100361.jpg

私の大好きな正面顔^^
P1100357.jpg

ピコ父とぴな母、そして先に亡くなった我が家の鳥達にも会えたかな?
今日は生憎の曇り空だけど、虹の橋を渡り、澄み切った大空を元気に飛び回ってね。
ありがとう・・・。



彗、良く頑張ったね^^安らかに。ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
| ペットロス | COM(10) |
2011-09-07 (Wed)
みなさま、ジュノーの死に、優しいコメントやメールを有難うございました。
たまき1羽になったケージを見ると、すごくすごく広く感じで、
何とも言えない気持ちが、喉の奥からせりあがってきそうになります。
でも、凹んでる姿は鳥達には見せられない。
鳥は人の気持ちを敏感に感じてしまうから。
「元気だね、私も元気だよ」「今日も可愛いね」「いっぱいご飯食べようね」
「いい仔だね」「明日もきっと可愛いね」
そんな、明の感情で満たしてあげたい。
元気は元気を呼ぶから。


今日は、ある詩をご紹介させて戴きたいと思います。
私のお友達、コメントを下さった方、ここを見て下さってる方にも、
愛鳥さんを亡くされたばかりの方がいらっしゃいます。
ほんの少しでも慰めになればいいなという想いを抱きながら・・・
 




ママ、もう泣かないで



大好きなママ
ぼく、虹の橋に来たよ
もうどこも痛くないよ
もう何も苦しくないよ
動物の神さまに抱かれているの


ママ、もう泣かないで
ママが泣いているとぼくも悲しいよ
ママと一緒だったあの日
あの春も、あの夏も
ぼくはいつも幸せだったよ


ママ、後悔なんかしないで
自分を責めたりしないで
「早く気づかなくてごめんなさい」
「もっとこうすればよかった」
「ああしなければよかった」
って、そんなふうに思わないで


ママ、いいことだけ思い出して
楽しかったよね、あの日
笑ったよね、あの時
ママとぼくは、幸せを与えあってたんだね


ママ、とっても寂しかったら
次の子をお迎えしてあげてね
ぼくはやきもちなんて焼かないよ
その子はぼくの代わりじゃなくて
別々に可愛いんだって
ぼく、ちゃんと知っているよ

ママとその子が楽しく過ごして
ママがもう一度笑ってくれたら
ぼくは安心してここで待っていられるの
だから笑顔で暮らしてね


ママ、もう泣かないで
ぼくはずっとママの心に住んでいるの
そしてずっと先のある日
ママと会えることを知ってるの


だから、ママ、もう泣かないで



管理者がきちんといらっしゃるHP、日記、ブログ、記名掲示板への転載はご自由です。
個人が管理されていない無記名掲示板等への転載、リンクはお断り致します。

これは個人のオリジナルです。改変はご遠慮下さい。
作者 いっけさんより

参照HP 「虹の橋とそれから」






実はこの詩、2月に亡くなったティルの火葬に行った時に見つけました。
火葬が終わり、帰宅する前にそこのおトイレをお借りしたんですが、
お手洗いの壁の目につくところに貼ってあったんです。
少し読んで大号泣して、用も足さずにおトイレから飛び出しました^^;
旦那は何事が起ったのかとびっくりしてましたが(笑)
ちょっとしか読んでなかったので、記憶をもとにネットで探しました。
ブログに書いたとおり、後悔して自分を責めて、泣き暮らしていましたが、
この詩を読んで、救われた気持ちになれました。
特に用を足したかったわけじゃないのに、「おトイレお借りします」と、
トイレに向った私。
ティルが許してくれたんじゃないかと思えました。


知識もスキルもまだまだな私がこんなこと書くのも・・・と思いましたが、
きっと今日もどこかで、愛鳥さんを失って、悲しみ・自責の念・後悔で
立ち上がれない、前を向けない飼い主さんがいる。
何をもってしても、その心の穴は埋められないかもしれない。
だけど、きっと、愛鳥さんはそんな姿を望んでいないと思います。
私達が「この仔が元気で幸せでありますように」と願っているのと同じで、
愛鳥さんも飼い主さんの元気で幸せな姿を望んでいるでしょうから。
その仔との暮らしは、悲しいことだけじゃなかったでしょう。
今は思い出せなくても、楽しくて幸せなことがそれ以上にあったはず。
その楽しくて幸せなことを少しでも思い出してあげてください。
思い出したら「ふふ^^」と、少し微笑むことができる。
そしたらきっと「ごめんなさい」じゃなく「ありがとう大好きだよ」って、
思えるようになると思います。
その方が、きっとその仔のためになるんじゃないかと・・・。
生意気言ってすみません。
飼い主が愛鳥を、愛鳥が飼い主を、相手を温かく想う心が伝わりますように。




ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^






| ペットロス | COM(12) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。