02≪ 2012/03 ≫04
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2012-03-11 (Sun)
あの未曾有の東日本大震災発生から、今日で1年です。
1年前のこの時間、まだ誰も絶望や悲しみの中にはいなかった。
何ともいえない悔しい気持ちでいっぱいです。
東北を襲った地震と津波は、多くの人々から簡単に「日常」を奪っていった。
そして、多くの尊い命も。

この国に住む多くの人々が、何かしら痛みを抱えながら過ごしてきたと思います。
世界中の支援が嬉しかった。
世界中から届く強いメッセージに涙しました。
この国の芯の強さが、優しさが誇らしかった。


震災が起きた時のこと、今も鮮明に覚えています。
東北から遠く離れたこの近畿でも、長い揺れが続きました。
壁にかけたカレンダーやカーテンが1時間以上揺れっぱなしでした。
すぐに地震だとわかり、大きな揺れになる前に・・・と、
玄関とベランダを開けて、ガスの元栓を閉め、鳥達のラックを押さえました。
テレビを点けて、宮城で大きな地震が起きたことを知りました。
次々に画面に表示される地震速報に混乱しました。
震源は宮城だけじゃない。東北で何カ所も大きな地震が起きてる・・・。
どうなってるんだろう・・・何が起こってるんだろう・・・。
テレビから目が離せなくなりました。
そして、津波に襲われる仙台空港や、飲みこまれる町を見て言葉を失いました。
「逃げて!」「早く逃げて!」頭の中でずっと繰り返していました。
今見てる映像は現実だろうか・・・。


私が住む地も阪神大震災が起きた場所だし、東海・東南海・南海の三連動地震が
懸念されています。
海に近い場所ですし、津波ハザードマップなるものでも浸水が予測されています。
間違いなく津波に襲われる土地でしょう。
東北の方々は大丈夫だろうか。一人でも多くの方に助かってほしい。
そんな気持ちと一緒に、懸念されてる三連動地震が誘発されるのではと恐怖し、
津波の映像を見た時、まるで自分の未来を見た気がしてパニックになりました。
「逃げて!」「怖い」「助けて」「どうしよう」「苦しい」
そんな言葉が頭の中を回っていました。
浜に200~300のご遺体が上がってるという夕方のニュースで、
津波の恐ろしさに震えました。
ふと我に返った時、涙で服がびしょびしょになっていました。


被災地の状況と、自分の実生活とのギャップに混乱し、
食事、睡眠、トイレ、お風呂・・・自分だけ普通に生活してることに
ひどい罪悪感を感じることもありました。
震災のショックや頭から離れない衝撃的な映像に寝れない夜が続きました。
不安感や恐怖心に押しつぶされそうになり、泣いて夜を明かしていました。
体調も精神的にも影響を受け、自分を取り戻した時には季節が変わっていました。


震災で色々なことを考えさせられました。
普段何も考えずに過ごしていた1秒1秒がどれだけ大切であるか。
何も変わらない「日常」がどれだけ幸せなことなのか。
これから先も続くと信じていた時間が、本当はあやふやなものだということ。
人と人との繋がり。
家族の有り難さ。
人は一人で生きていけないということ。
「生きている」ではなく「生かされている」こと。


この1年、ずっと震災のことが頭にありました。
だけど月日が経つにつれ、あんなにショックを受けたのに、
少しずつ震災のことが薄らいできているのも事実です。
被災地から遠く離れたこの地では、震災の大きな影響はなかったので、
仕方ないことかもしれません。
人間は、精神が壊れないように「忘れる」ことが脳に繰み込まれているそうです。
だけど、一度に沢山の尊い命が奪われた。人間も動物も。
普通の日常がどれだけ有り難く大切なことなのか、
絶対に忘れてはならないと思います。


亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
未だなお行方不明の方々が早くご家族のもとに戻れますように。
被災された方々が1日も早く穏やかな生活を取り戻せますよう切に願っています。


この日本で暮らしていると、どこに居ても地震から逃れることはできないでしょう。
「明日が来る」ことは当たり前じゃないと思ったあの日から、
1日を1秒を大切に過ごせてきただろうか?
そうしてきたつもりだったけど、たぶんそうじゃない。
明日できることは明日にしてたと思う。
でも、1秒後に無事でいることは誰にも保障できない。
もちろん、自然災害以外でも。
改めて感じました。

ここをご覧下さってる方も、地震や他の自然災害で避難しなければならないことが
あるかもしれません。
その時はどうか電気のブレーカーを落とすことを忘れないでください。
家を離れる時、ガスの元栓は忘れずに閉める人が多いと思います。
だけど、電気のブレーカーは忘れがちです。
17年前の阪神大震災を経験した時、二次災害の恐ろしさを知りました。
電気の漏電からくる火災で命を落とした人が、家や思い出を失った人が沢山います。
本来なら失わなくて済んだであろうかけがえのないもの。
一次災害だけじゃない、二次災害の恐ろしさ。
電気やガスだけじゃないかもしれないけど、私達が防げることも事実。
頭の片隅にでも置いてくだされば・・・と願っています。


まもなく14時46分。
全ての作業の手を止めて。黙祷。



感謝の気持ちを忘れずに生きていきたいです。ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
スポンサーサイト
| ひとりごとっぽい | COM(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。