03≪ 2017/04 ≫05
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-11-04 (Fri)
サクッと更新!するつもりではいたんですが・・・
私ごとになりますが、先週土曜29日の夜中に実母が入院しました。



最初の異変は29日早朝の胃の痛み。
時間が経っても痛みは消えず、午前中に近所の消化器科に付き添いました。
特に異常は見当たらず、胃痛以外の症状はなかったので、
お薬をもらうだけになりました。

しかし、その日の夕方、妹から「母、微熱がある。」と連絡。
とりあえず、脱水状態は怖いので、まめにポカリを飲ませるように指示。
この時は、弱った体で病院行ったから風邪をもらったもんだと思ってました。
で、夜「39℃近くまで熱が上がった」と連絡。
夜中に悪化する可能性が高いと思い、夜間救急に連れて行きました。
血液検査で炎症反応が見つかり、触診で“痛む場所がずれてきてる”こと、
レントゲンやCTの結果で痛みを感じる場所が腫れてることなどから、
盲腸の可能性もあると診断されました。
29日深夜、外科にそのまま入院となりました。
見たこともないくらい辛そうだったけど、大丈夫だよね?お母さん・・・。


30日、点滴の抗生剤が少し効いたのか痛みはマシになったようでしたが、
熱は上がったり下がったり。もちろん絶食。
しんどそうだけど、意識もはっきりしてるし、トイレも自分で行けるので少し安心しました。


31日午前、やっと担当医と病室が決まり、内科へ移りました。
まだ詳しい検査中だけど、盲腸ではないらしい。
臓器のどこかが少し腫れて炎症起こし、37.5℃より熱が下がらないとのこと。
いくつかの臓器が密接してるところなので、
31日時点での検査結果ではどの臓器が絞れませんでした。
ただ、胃カメラで見ると臓器はきれいだったとのことで、
ほんの少しホッとできました。


11月1日。36℃代に熱が下がりました
局部エコーの結果、腫れてる臓器は十二指腸であろうとのこと。
ただ、原因はわかりません。
顔色も良くなり、少しずつですが回復しているのがわかりました。
担当医から「今夜からお食事摂れます^^」との連絡
ただ、食後にお腹痛くなるようだったら、食事はいったん止めるそうで・・・
お腹痛くなりませんように。


2日。昨日の夕食後、お腹痛くならなかったそう
朝食も昼食も普通に食べられたようでますます安心です
旦那も「緊急入院の時に見たより顔色がずいぶん良くなってる」と安心してました。
熱も平熱だし、血液検査でも炎症反応がずいぶん落ち着いてるとのこと。
患部の腫れも治まりつつあり、痛みも少なくなってはいるけど、
原因はわからないまま・・・。
食べ物でなることもあるそうですが、思い当たるものもなく・・・。
一過性のものであろうとの判断です。


3日。食事が摂れるようになってからグン!と回復しました
点滴も取れたし。
普段何気なく食べてますが、食事を摂るってすごいことなんだ
毎日会いに行って、良くなってきてる母を見るのは本当に嬉しかった!
ただ、夜寝れないそうで・・・
4人部屋なので、すっごいイビキの音がうるさい人がいるそうです。
まだ退院までに日がかかりそうなら、個室に移動してもらえるように希望しましたが、
もしかしたら、4日朝の血液検査次第で、土曜に退院できるかも


本日4日も病院へ。
昨夜は耳栓のおかげぐっすり眠れたそうで、スッキリした顔をしていました
朝の血液検査の結果で、特に気になる箇所もなく、炎症反応も治まっていました。
お腹の痛みも殆どないとのこと。
明日5日に退院できることになりました
退院後しばらくは、自宅療養&外来での治療になります。
退院できるまでに回復したとはいえ、原因がわからない以上、
「こうしないように」という注意点がわからないので、また繰り返す可能性もあります。
不安ではありますが、暫くは検査しながらなので、万が一何か異常があっても
早期治療できると思うと、少し心強いです。
それに、人の出入りが激しい病院では、リラックスした状態ではいられないので、
退院してゆっくりした方が休めるかも^^
入院の時点ではどうなることかと思いましたが、無事に回復して本当によかった!



大げさかもしれませんが、一時は本当にどうなるかと思いました。
もともと元気で病気知らずな母で、娘の私達より体力があります。
風邪もめったにひかない、インフルも移らなかった、そんな母が・・・
前日まで不調を訴えることも無く、元気にパートにも行っていたのに・・・
“昨日まで元気だった人が急に不調を訴えて入院”なんて、
夏に亡くなった祖父をどうしても思い出してしまいました。
2~3日で退院・・・と思ってたのに急変して祖父は亡くなったから。

「人間は簡単には死なない」そう思ってました。
だけど、祖父を亡くしてからは「人間って思ってるよりずっともろい」
そう思うようになりました。
だから、不安で心配で胃が痛くて、眠れない日が続きました。


それにしても、日曜ってよっぽどのことがなければ検査しないんですね
知らんかった。
まあ「よっぽど」な状態じゃなかったから検査しなかったのでしょうけど
生命危機の状態ではないとは感じましたが、何もわからないほど不安なことはありません。
部屋も決まらず、担当医も決まらないから詳しい話も聞けず・・・
どこが悪いのか心配でたまらない家族としては生きた心地がしませんでした。
母は「大丈夫よ」と言ってましたが、いつもの状態からかけ離れた様子を見て
「大丈夫」なんて少しも思えない・・・。
「急変したらどうしよう・・・」「先の見えない入院だったら・・・」
「祖父を亡くしたばかりなのに、母まで失ったら・・・」
嫌なことばかりが頭を巡って、何も手に付きませんでした。


担当医と病室が決まった時も、検査途中なのに経過報告を一概に喜んでいいものか・・・
まだ大きな病気が見つかってないだけなんじゃないか、と不安は消えませんでした。
だけど、私は長女で「姉ちゃんはしっかりしてて冷静」と思いこんでる妹や義妹の前で、
うろたえることはできない。
私がうろたえるともっと不安にさせる。母にも心配かけるし。
だから、妹達の前では強がって、落ち着いてるように見せました。
だけど、家で一人になった時は不安に押しつぶされそうでした。


食事を摂れるようになった日、やっと「命の危機はないんだ」と思って、
張り詰めてた気持ちが緩み、家で一人泣きました。
よかった、よかった。
鳥も人間も、自分で食事を摂れるかどうかが、不安と安心の境界線なんだな・・・
と泣きながら考えたり
この日にやっと熟睡できました^^


少しずつ回復していく母を見るのが本当に嬉しかったです。
私も妹も、ママっ子で、私は嫁に行った今でも甘えまくっています。
弟も「母の有難みがよくわかった」言ってました。
年齢よりずっと若く見えて、可愛らしい母が自慢で大好きなんです。
「子離れできないわ~」と母は言いますが、子供の方が親離れできてません
面倒見がよくて、子供の私達や孫のことを先に考え、自分の事は後回し。
フットワークも軽く、遊びに誘うと、用事がない限り「ママも!」と参加します。
「ここいきたい!今度連れて行って~!」とおねだりされることも^^
そんな母に、旦那も、義妹も姪っ子も懐いています。

母は58才でまだまだ若く、病気になるのはもっともっとずっと先だと思ってました。
でも、今回の件で本当に思い知らされた気がします。
原因不明とのことでしたが、たぶん疲れやストレスも関係してると思います。
今年の夏は、“節電、節電”で、特に暑かったですし、
母のパート先は灼熱地獄のような職場。
そんな職場で週3~4日のフルタイム勤務。
休日だって、祖父の法要関係や他の予定で取ったようなものだったし。
時間があると、孫の面倒見に行くし。
私が祖父の死でかなり凹んでた時も、すごく心配かけました。
私は夏弱くて、自分の事で精いっぱいで、母を気遣ってなかった。
沢山反省です。


母がこれからもまだまだ元気で楽しく毎日を過ごせるように、
私達でサポートしていこうと思います。




ママ、無事で本当によかった。ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
スポンサーサイト
| ひとりごとっぽい | COM(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。