09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-07-26 (Tue)
ご協力お願い致します。
神戸市垂水区青山台1丁目付近 (ジェームス山サティ近く) で迷子になった
オカメインコ・ルチノー♂のひまわりちゃん を探しています。
飼い主さんが懸命に探しておられます。
何か情報をお持ちの方は、「メールぽすと【一般用】」までご連絡お願い致します。
PC080037.jpg

日時 7月6日(水)午前7時10分頃
場所 兵庫県神戸市垂水区青山台1丁目付近 (ジェームス山サティの近く)
種類 オカメインコ ルチノー (体は白・ホッペはオレンジ・冠羽は黄色)
性別 オス
特徴 くちばしに小さな傷、しっぽに茶色のシミ。 「ぽ~ちゃん」と鳴きます。




☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆



昨年春に初めての雛を孵したサザナミのメルモ&チロル
雛ちゃん3羽の子育てが終わった後、夫婦でまったりするのかと思いきや、
ケンカ勃発で別居にいたりました

その後は、仲直り→同居→ケンカ→別居・・・を何度か繰り返し、
今年に入ってラブラブモードに突入
巣箱を用意すると、仲良く2羽でこもり始めました。
可愛い雛が見れるかな^^と淡い期待を・・・

そんな期待の中、3月半ばに事件が起こりました。
1時間程買い物に出掛けて帰宅すると、
餌入れにはまり、「ひー、ひー」と微かな声で鳴くチロルがいました。
すぐ傍には仁王立ちしてクチバシを赤く染めたメルモが。
一瞬何が起こったかわからなかったけど、とにかくチロルが瀕死の状態

急いでチロルを救い出すと、左の翼の手羽の部分を執拗に攻撃され、
血まみれになっていました。
皮膚までやられたようです。
風切羽も全部抜かれ、辺りに散っていました。
クチバシも突かれたようで、少し傷が。
メルモに攻撃され続けたチロル、ぐったり虫の息で、
人馴れしてないのに、抵抗する体力も気力も残っておらず、私にされるがまま・・・
ケージの中はチロルの血が飛び散り、水入れは血でピンク色に染まっていました。
そして、興奮したまま鳴き叫び、ケージの中で暴れるメルモ。


出掛ける前は何も異常がなかった・・・
甘えた声さえ聞こえていた。
たった1時間の間に何があった?


チロルの出血はまだ止まっておらず、傷口からはジワジワと血が滲み出てます。
止血が優先だ!と、圧迫止血を試みるもなかなか止まらず。
もう夕方で、病院へ連れて行こうにも病院までの足も時間もない。
傷口からの細菌感染も心配・・・。
で、以前病院で教えてもらった応急処置を思い出し、
マキロン、手羽の出血部分にぶっかけました。
そして、再び圧迫止血。
・・・止まりました。


左手でチロルを抱えながら、看護ケースの準備をし、32℃くらいで保温。
ハチミツ、ビタミン、フォーミュラーをお湯で薄めに溶き、5mlほど飲ませて様子見。
しばらくすると、餌を食べ始めてくれました。
ホッ。自力で食べられることで不安が1つなくなりました。
出血したところを気にする様子もありません。
痛すぎて感覚鈍ってるのかもと思ったり。

体重、うんPの具合、食べ具合、傷の具合、注意深く観察しても、
特に気になることもなかったので、病院へ行くことはやめました。
チロルはほぼ荒に近い仔です。
触られること、構われることを好ましく思ってません。
体がこんな状態の時でも、私に触られるのは本意ではないはず。
抱えている時、体は動けないけど、結構な力で噛まれました
病院へ行くことは、ストレスを与えるだけになるかもしれない。
なので、チロルのもつ体内の力にまかせることにしました。
それに、病院に行ったとしても、負傷個所を見ると、
左翼の風切羽はもう二度と生えることはない・・・でしょう。

痛々しいので小さめにアップ。怪我3日後くらいの写真です。
P1080736.jpg


怪我はすごかったけど、食欲もあり、うんPもたっぷり。
怪我した3日後くらいには、看護ケース内を動き回るようになりました。
かさぶたになったところを突くこともなかったので、
思ったよりも早く負傷個所はふさがっていきました。
チロル、いい仔だわ~


ケンカの原因ですが・・・たぶん卵だと思います。
ケンカをした日に確認したら、巣箱に卵が1つありました。
チロルを救出した後、しばらくしたらメルモが巣箱に入っていきました。
そして、抱卵。
それは大事そうに・・・。
チロルが1羽で温めてるのを見て、卵を取られた!と思ったのかもしれません。




3ヶ月近く看護ケースで療養し、現在はキャリー暮らしです。
一度、ケースからケージに移したんですが、怖がって暴れて少し出血しちゃったんです。
ケージ内を必死に逃げたのがトラウマになっちゃったんでしょうか・・・
キャリーだと落ち着いてくれたので、ちょっと狭いですが、キャリーで暮らしてます。

こんなこともできるくらい回復しました^^
P1090749.jpg
たぁこさんに「使わないから」と戴いたキャリーを使わせてもらってます^^
ケージと比べるとやはり狭いですが、高さがあるのがいいみたい。
たぁこさん、有難うございましたm(_ _)m


気になる左の翼ですが・・・こんな感じになりました。
P1100203.jpg
見た目は全然普通です。
飛べないけど




その頃のメルモ

P1100161.jpg

なに言ってるんじゃ~~~

自分がめちゃんこにしたくせに~><
女の子に手を出すなんて、そんな仔に育てた覚えはありません。
ってことで、メルモとチロル、完全別居決定です。




P1090750.jpg


ブラボー!よく頑張ったね^^




チロル、復活おめでとう!ポチッと応援お願いしますm(_ _)m
人気ブログランキングへ



にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村


いつも有難うございます^^
スポンサーサイト
| サザナミインコ | COM(6) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。